非上場株式・譲渡制限株式の法律相談は虎ノ門パートナーズ法律事務所へお任せ下さい。

法律相談(初回無料)のご予約・お問い合わせ

03-3580-1951

受付時間 平日9:30~18:00

譲渡制限株式の譲渡

私は勤めていた同族会社X社の株式を退職後も持っています。同族会社X社の関係者から私の持っている株式を譲ってほしいとの話がありました。同族会社X社の株式は会社の承諾がなければ株式を譲渡できないとなっているため、同族会社X社の社長に株式を譲渡してよいか話をしてみましたが、譲渡は認められないという回答でした。私はこのまま株式の譲渡を諦めなければいけないのでしょうか。

会社が譲渡を承認しない場合でも株式の譲渡は一定の手続きを踏めば可能です。ただし、当初予定した同族会社X社の関係者に売却できるとは限りません。

譲渡制限株式の場合、株式を第三者に譲渡し、株主名簿の名義を当該第三者にするには、会社の承諾がなければ行うことができません。しかし、株主は、会社が株式の譲渡を承諾しない場合には、会社が買い取るかもしくは株式を買い取る買取人を指定するように請求することができます。会社が株式の譲渡を不承認とした場合、会社もしくは指定買取人に株式を買い取らせることができます。この場合、本来予定した同族会社X社関係者に株式を売却することはできなくなりますが、会社もしくは指定買取人に株式を売却することができます。また、会社もしくは指定買取人との売買価格の協議が成立しない場合には、裁判所に価格決定の申立てをすることもできます。

お問い合わせについて

法律相談(初回無料)のご予約
03-3580-1951
(平日9:30~18:00)
✉メールでのお問い合わせ
(24時間受付)

よくある質問